グーグルアドセンス審査に一発で合格するコツ【経験談】 | hayablog  
動画を無料で見たい方はこちらをどうぞ

グーグルアドセンス審査に一発で合格するコツ【経験談】

・審査の手順は分かるけど、このブログを審査に出していいか不安
・審査はすでにしてるけど、何回も落ちてしまう
・基本的な情報は調べたけど、合格した人の生の声が知りたい

こんな悩みを解決できる記事を準備しました。

 

当記事では、グーグルアドセンス審査に一発で合格するコツを経験談とともにまとめております

 

これを読んで実践していただければ、合格の可能性が高まるノウハウを詰め込みました
ぜひご覧ください。

 

信憑性を保つために僕が合格したときのツイートを貼っておきますね。

 

またこの記事でもいくつか広告を貼っておきますので、これがアドセンスか~!と思って見てみてください。

 

 

グーグルアドセンスについて

 

 

グーグルアドセンスとは、コンテンツ連動型広告配信サービスです。

 

簡単に言うと、ブログ訪問者が広告をクリックすることで、ブログ運営者に報酬が発生する、というもの。
収益を上げたい!と思ってブログを始めた人にとっては、超えるべき壁の1つでしょう。

 

ですがグーグルは、どんなブログでも広告を貼っていいよとは思っていないのです。
「有益で独自性のあるブログ」にこそ広告を貼る権利をあげようと考え、審査を設定しています。

 

ですので、みなさんも有益で独自性のある記事を書くことにまずは注力。そして審査に合格する準備を整えましょう。


審査期間

 

審査期間(審査手順完了後~Googleからの連絡がくるまで)が人によってけっこう異なるので、少し触れておきます。

 

基本的には次の3パターンです。

 

  • 短期:当日~翌日
  • 中期:2日~1週間以内
  • 長期:1週間~数か月

 

Twitterでのツイートを独自で集計してみると、
短期:20%、中期:50%、長期:30%くらいの割合です。

 

また、期間はそのサイトが有益かどうかで決まりますね。

 

有益性が高いとみなされれば、数時間後に合格の連絡がくることもありますし、
有益性が低いとみなされれば、数か月かかったり審査に落ちることもあります。

 

審査手順完了後からなかなか連絡がない方は、自分の記事を見直す必要性があることを知っておいてください。

 

ではさっそく、審査合格のためにしておきたいことについて見ていきましょう。

 

 

グーグルアドセンス審査合格のためにしておきたいこと

 

 

僕の経験をお伝えすると、以下6個だけです。

 

  • ①ジャンル:1つに特化する
  • ②記事数:15記事以上
  • ③文字数:2000文字以上
  • ④コピペ:多用しない
  • ⑤グーグル規約:違反しない
  • ⑥著作権侵害の画像:使わない

 

ぱっと見分かると思いますが、かなりシンプルですよね。

 

詳しくみていきましょう。


①ジャンル:1つに絞る

 

ブログをはじめたばかりの方が、ジャンルを決めずに記事を書いていくとどうなるか想像してみてください。

 

おそらく「ポリシーのない日記」のようになるでしょう。
これはディスっているわけではなく、ほとんどの人はそうなるのが当たり前です。

 

一部のインフルエンサーならポリシーのない日記でも見に来てくれる人がいますが、
僕たちはそうではないですよね。

 

そうならないためにジャンルを1つに絞るのがおすすめです。

 

またジャンルを絞るメリットを表現するとこんな感じです。

 

ジャンルを1つに絞る=書くことが明確になる=内容が濃くなる=ささる人が増え始める

 

ブログの中・上級者でも1つのテーマで30記事くらい書くってことを実践していたりします。

 

ですから、ジャンルを絞り有益な記事を書くことにチャレンジするのがよいですね。

 

 

②記事数:15記事以上

 

記事数は最低15記事つくっておきましょう。

 

15という値ですが、1つのテーマで30記事書くことが1つの目安だったりするので、その半分という意味合い

 

当然30書けるなら書いたほうがいいですが、気持ちが抑えられないと思うので(笑)

 

断言はできませんが、記事数は審査基準にも影響します。

 

グーグルは有益で独自性があるかを見ていると言いましたが、数記事書いたくらいで、独自性なんて正直出ないですよね。
自分の記事すごいだろ!と堂々と言えるくらい書いておきましょう!ということです。

 

一方で世の中には3~5記事で合格したというブロガーを目にします。
もちろん否定はしませんしすごいと思いますが、どこに広告貼るの?と思ってしまいます。。。

 

 

③文字数:2000文字以上

 

文字数は2000文字を目指したいですね。

 

というのも、文字数が少ない=情報量が少ないという関係です。

 

だらだらと書けという意味では決してないのですが、
読み手のことを真剣に考え、読み手が必要となる情報を差し込んでいくと、最低2000文字くらいはいくものです。

 

1つの目安として2000文字を意識してみてください。

 

 

④コピペ:多用しない

 

コピペは価値がないです。

 

特に初心者にありがちなのが、複数サイトからコピペして無理やりつなげて1記事つくる、みたいな感じです。
考えてみれば分かると思いますが、「独自性」のかけらもなくなってしまいますよね

 

ただ、Wikipediaや企業の調査結果などは引用してもOKです。
記事の内容によっては、深みを増すのに有効にはたらいたりしますので。引用タグをつけるのを忘れずに!

 

 

⑤グーグル規約:違反しない

 

  • アドセンス審査に通らない内容が明確に記載されています。
  • アダルトコンテンツ
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  • アルコールに関連するコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  • ヘルスケアに関連するコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連するコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

 

引用元:Google 禁止コンテンツ

 

これは対象とならないよう気をつけるだけですよね。

 

 

⑥著作権侵害の画像:使わない

 

ネット上にある画像を確認なしで使用するのはわりと危険です。

 

基本的に無許可で人のものを使うのはダメなんですよ。著作権侵害に当たります

 

でも心配はいりません。著作権を気にしなくてもよいフリー素材を提供しているサイトはたくさんあります
「ブログ フリー素材」でググれば一発

 

 

他に気をつけること

 

ここであげていることは絶対ではないと思っています。

 

僕自身していなかったですし、僕と同じような状態で合格された方を何人も知っています
ただ、ブログを運営する上では必要なものばかりですので、できるなら審査前にやっておくのがベターです。

 

以下4つです。

 

  • ➆運営者情報:記載する
  • ⑧お問い合わせフォーム:設置する
  • ⑨プライバシーポリシー:設置する
  • ⑩アフィリエイトリンク:貼らない

 

簡単に捕捉していきます。

 

 

➆運営者情報:記載する

名前、経歴などの情報のことです。
ブログの信頼性に関わるものなので、記載してあるほうが当然いいですよ!

 

 

⑧お問い合わせフォーム:設置する

これも信頼性に関わるものです。
「Contact Form 7」というプラグインを使うと、わりと簡単に設置できます。

 

 

⑨プライバシーポリシー:設置する

プライバシーポリシーは、アドセンス広告を設置するのに必要な情報だったりするので、
審査には直接関係はないのかもしれません。ですが、時間もかからないのでさっさとつくるのがよいかも。

 

 

⑩アフィリエイトリンク:貼らない

企業名や他の広告があると、アドセンス広告のクリック率が下がってしまいます。
ですから、審査時はアフィリエイトの部分を一旦削除しましょう。

 

 

ですが僕の経験上、
アドセンス審査の段階でアフィリエイトを実践できている人は少ないのであまり心配していません。

 

 

さいごに

 

もう1度おさらいしておきましょう。

グーグルアドセンス審査に合格するコツ

 

  • ①ジャンル:1つに特化する
  • ②記事数:15記事以上
  • ③文字数:2000文字以上
  • ④コピペ:多用しない
  • ⑤グーグル規約:違反しない
  • ⑥著作権侵害の画像:使わない

 

 

他に気をつけること

 

  • ➆運営者情報:記載する
  • ⑧お問い合わせフォーム:設置する
  • ⑨プライバシーポリシー:設置する
  • ⑩アフィリエイトリンク:貼らない

 

やはり大事なのは、有益で独自性があることにつきます。
ユーザーの悩みを解決することを意識しつつ、一発合格を目指しましょう!

 

以上、「グーグルアドセンス審査に一発で合格するコツ【経験談】」でした。