【簡単に問題解決】幸せを感じるために必要な4つのこと

幸せになりたいと悩んでいる方向け。

当記事では、幸せを感じるために必要なことについてまとめました。
実際の経験をもとにしています。ぜひご覧ください。

 

幸せとは?

 

2年前の僕は、幸せについて考えたことなかったです。
なので、考えたことない人・考えたけどよく分からなかった人、全然大丈夫です。



2年前の僕:何をやっても楽しめない

 

仕事もある、家族も友人もいる、遊ぶ時間もある、のになぜか満たされない、という感じ。
いつもにこにこしてたり、やる気に満ちあふれている人がまぶしすぎました。

 

幸せを感じたいと思ったキッカケ

 

結論から言うと、youtubeを見ていたときです。

 

多くのyoutuberが自分らしさを表現し、視聴者に知識や笑いを届ける。
自分もこうなりたい!と素直に思ったんです。

 

幸せの感じ方がわからず、不幸せに

 

幸せを感じたくて、検索してはトライするを繰り返しました。
生まれてから1度も幸せを感じたことがなく、何をやってもうまくいかなかったです。

 

ですが、調べていくうちに僕の中でしっくりくるキーワードがありました。
僕はこのキーワードを深堀りしていくことになります。

 

幸せを、” 幸福度 ”という言葉に置き換える

 

幸せという言葉は、僕には漠然としていたのです。
幸福度という言葉になると、もっと身近で手の届きそうな感じがしないでしょうか。

 

僕はこの手の届きそうな感じを求めていたのです。

 

” 幸福度 ”をとことん追求

 

この幸福度に対する研究は世界中で行われていることを知りました。
僕は隙間時間を全て、幸福度について調べて実践することにしました。

 

ここでは僕自身が実践し、効果が高いと感じたものをお伝えします。

 

 

幸福度を感じる4つのこと

 

次の4つです。

 

  • ①:時間
  • ②:笑顔
  • ③:運動
  • ④:成長

 

説明していきます。



①:時間

 

日常で、時間を意識することって少なからずあると思います。
例えば、朝の出勤や大事な会議の直前など。でもここでは、少し違った視点で意識していきます。

 

 

①:1日の時間割りをする

 

結論を言うと、達成可能な時間割りをこなす、だけです。

 

詳しく見ていきます。

 

 

1日は24時間です。これだけは全ての人に平等に与えられているもの。
人は、お金よりも時間を有効に使えたときに幸福度を感じるという研究結果がでています。

 

 

これが僕の1日の時間割りです。参考にしてください。

 

  • 家族:3h
  • 会社:11h
  • 筋トレ:1h
  • 英語:1h
  • 風呂:0.5h
  • 読書:0.5h
  • ブログ:2h
  • 睡眠:5h
  • 計24h

 

<ポイント>

 

  • 24hの使い方をある程度決める
  • 実行するときは時間は測らない、実行すればOKとする
  • こなせる程度の項目数にして、毎日達成する

 

※僕の場合は、趣味の項目は5分程度行えばOKとしています。

 

②:笑顔

 

幸せじゃないから、笑えるわけないじゃん、という方もいると思います。
でも実は、発想が逆なんです。

 

②:笑うをくせにする

 

結論を言うと、笑えるかどうかを考える前に、とにかく笑ってしまう、だけです。

 

 

詳しく見ていきます。

 

 

生活の中で、自然と心から・お腹の底から笑える場面ってありましたか?
僕は一応ありますが、そんなに何回もはありません。では、どうするか。

 

結論はこうです。日常起きることに笑える自分になる、だけ。

 

 

笑うと、セロトニンという物質がでます。セロトニンは脳内麻薬とも言われていて、脳内を気持ちよくしてくれるんです。
この機能を活用しない手はありません。

 

<ポイント>

 

  • まずわざと笑ってみる
  • 自分が笑っていると感じる時間を意識して少しずつ増やす

 

※僕の場合は、家族といる時間・会社にいる時間はほぼ笑うようにしています。

 

③:運動

 

これはなんとなくイメージしやすいのではないでしょうか?
ですが、準備して、外に出て、あるコミュニティの中で活動する元気が今ないよ、という方もいると思います。

 

③:自宅で体を動かす

 

結論を言うと、たった3分程度、毎日体を動かす、だけです。

 

これはあれこれ言う前に、やってみるといいと思います。
特におすすめは筋トレ。中でもスクワットからやってみるのがいいと思います。
太ももは筋肉量が多いので、筋トレの効果としても高いです。

 

<ポイント>

 

  • 毎日続けられる運動でOK
  • 筋トレメニューで悩まない。youtubeを見れば即解決

 

※僕の場合は、1日に2箇所の筋トレを週6でやっています。

 

④:成長

 

人から褒められるとうれしいですよね。でも、褒められる場面はそう多くないでしょう。
ですから、毎日褒めてくれる人から褒めてもらいましょう。

 

④:自分で自分を褒める

 

結論を言うと、昨日より今日の自分が成長していると感じ自分を褒める、だけです。

 

 

詳しく見ていきます。

 

これは①で書いたことと少し重複するのですが、
新しいことを1日10分、毎日続けたとします。
毎日何もしなかった自分と比較してみると、大きな差が生まれます。これは断言できます。
人は1日10分でも毎日続ければ確実に成長します。
そして成長した自分を毎日褒めてあげればいいんです。

 

<ポイント>

 

  • 毎日何かをする
  • 何かをしたら成長した自分を褒めてあげる

 

※僕の場合は、①で時間割りした項目を毎日して成長を感じています。

 

お金はどうなの?という疑問にお答えします

 

たしかにお金は大事です。でも幸福度を感じるには少なすぎても多すぎてもダメという研究結果がでています。

 

具体的には年収700~1000万が最も幸福度を感じている人が多いです。

 

僕も、年収1000万以上の方と会話する機会がありますが、
お金を稼いだだけでは幸せにはならないと、言う方が正直多い印象です。

 

さいごに

 

まとめると、

  • 幸せになるには幸福度という指標が分かりやすい
  • 幸福度を高めるには、①時間、②笑顔、③運動、④成長を意識するとよい

 

幸福度を感じると、エネルギーがどんどん湧いてきます。
みなさんも幸福度を高めて、人生を楽しんでいきましょう!

 

以上、「【簡単に問題解決】幸せを感じるために必要な4つのこと」でした。