子供がいじめられないために親ができること【行動を制限するな】

  • 子供がいじめられないか心配
  • 親としてできることがないか知りたい
  • 子供の行動を制限しがち

 

このようなご両親やこれから親になる方にぜひ読んでいただきたい記事を用意しました。

 

当記事では、子供がいじめられないために親ができること【行動を制限するな】というテーマでお伝えしていきます。
これを読み終えると、思い当たる行動を少し変えてみようと思えるので、ぜひご覧くださいね。

 

 

子供がいじめられないために親ができること

 

子供がいじめられないために親ができることはぜひ知っておくべきですよ。

 

なぜなら、親の行動がいじめられる原因になる可能性があるからです。

 

 

本題に入る前にいじめについて状況を把握しておきましょう。



いじめの発生件数

 

文部科学省が出しているデータは以下。


引用元:文部科学省

 

年々増えていますよね。これを見ると自分の子供が心配になってきます。

 

 

また学年別で見てみると、

引用元:文部科学省

 

小学校でのいじめが圧倒的に多いことが分かりますよね。
なので、小学校に入った子供は特にしっかり支えてあげる必要がありそうです。

 

 

いじめの態様

 

文部科学省のデータによると、いじめの態様で多いのは以下。

  • 嫌なことを言われる 61.4%
  • 叩かれたり、蹴られたりする 23.2%
  • 仲間外れや無視をされる 14.3%

 

当然ですが、やられたら嫌なことばかりですよね。

 

 

いじめの原因

 

いじめの原因は様々ですが、主にはこんな感じかと。

  • ストレス解消
  • おもしろ半分
  • 自分がいじめられないため
  • 人を受け入れる技量がない

 

もちろんこれだけではないですが、わりとささいなことがキッカケになったりします。

 

 

自身の経験

 

僕自身は、いじめたりいじめられたりしたことは正直ありません

 

しかし振り返ると、一歩間違えれば可能性はあったかなと思います。
そう思う理由は以下のような感情だったから。

  • 楽しければそれでいい
  • 自分が一番大事で邪魔されたくない
  • とにかく目立ちたい

 

子供は悪気がなくても、上記のような感情に支配されているので危うい存在
僕がいじめたりいじめられたりしなかったのは、ほぼ運だったのかも。

 

 

もしすでにいじめられていたら

 

対応としては以下が一般的。

  • 学校に相談
  • 当事者とその親で話し合い
  • 教育委員会に連絡

 

ですが、おそらく長引くことが必至。そして当事者はかなりつらい日々になると思います。

 

僕だったら環境を変える道を選びます。これ一択

 

 

少し話を戻していきますが、子供がいじめられる前に親ができることについて詳しく話していきますね。

 

 

子供がいじめられないために親ができること【行動を制限するな】

 

タイトルにも書いてあるとおり、「行動を制限しすぎないこと」です。例えば、

 

  • これをしちゃいけない
  • あれを食べてはいけない
  • それは言っちゃいけない

 

など。
制限を過度にされてきた子供は自分で考えることが苦手になっていきます。



制限を過度にされてきた子供の特徴

 

制限を過度にされてきた子供の特徴は以下。

  • 自分の行動がとにかく心配
  • こうしてもいい?と常に聞いてしまう
  • 自分の意思を出せない

 

自分の行動に自信がなくなってしまうんですよね。

 

 

周りからの反応

 

ちょっと想像してみてください。

  • 自分の行動がとにかく心配
  • こうしてもいい?と常に聞いてしまう
  • 自分の意思を出せない

 

このような子供は、超客観的に見れる大人からすると、全然悪い子ではないですよね。むしろ愛くるしいと感じたりします。

 

ですが子供は全く別物で客観的には見れません。なので言い方はよくないですが一緒にいて楽しくない子と捉えてしまいます。
これがいじめのキッカケになる可能性がある、ということ。

 

 

親ができる具体的なこと

 

親は以下のことを意識的にしてあげるのがいいのではないでしょうか。

  • 子供のしたいようにさせる
  • ほんとにダメなことだけやめさせる
  • 微妙なラインは、会話して一緒に考える

 

親とダメなことの線引きを共有できれば、自分の行動に自信が持てる子供に育っていくと信じています。

 

 

さいごに

 

まとめますと、

 

子供がいじめられないために親ができることは、「行動を制限しすぎないこと」

 

いじめの原因は1つではないため、非常に難しい問題です。
親ができることを日々模索しながら、できるだけベターな対応を心がけていきましょう。

 

以上、「子供がいじめられないために親ができること【行動を制限するな】」でした。

 

またね。