保育園の選び方【ポイントは距離と質の2つだけ】

  • 子供を保育園にいれたい
  • 保育園を選んだことがない
  • 保育園の選び方を知りたい

 

このようなパパとママにぜひ読んでほしい記事を用意しました。

 

当記事では、保育園の選び方【ポイントは距離と質の2つだけ】というテーマでお伝えしていきます。
これを読み終えると、保育園を選ぶときに迷いがなくなりますのでぜひご覧くださいね。

 

 

筆者の経験

 

筆者である僕の経験は以下のような感じ。

  • 1歳6ヶ月の男の子が1人
  • 保育園に入園して5ヶ月目
  • 保育園選びに後悔なし
  • 保育園・保育士さんに毎日感謝している

 

保育園選びは経験済みで実績もあり



保育園の選び方

 

いきなり結論からお伝えしますが、保育園の選び方は意外とシンプルですよ。この2つを優先に考えてみてください。

  1. 家からの距離
  2. 保育士さんの質

 

いろんな情報を見ると選べなくなるので、シンプルに考えてみることをおすすめします。

 

詳しく説明していきますね。



①家からの距離

 

毎日通うことになるので、超重要です。

 

どんなに良い保育園だとしても毎日1時間かかるとしたら疲れますよね。

 

また近いということは、小学校に入学するときに同じ学校になる子供も多くなります。
これってかなり安心ですよね。

 

 

②保育士さんの質

 

保育士さんの質が子供に影響を及ぼすので、こちらも超重要。

 

保育士さんの質を確かめる方法は以下。

  • 近くで保育園の様子を感じてみる
  • 保育園の見学に行く
  • 近所の方から話を聞く

 

実際に見てみての悪い印象や、近所の方の悪い噂がなければ特に問題ないレベル。

 

 

何を基準にしていいか分からなければこの2つに焦点を絞るとわりとすんなり選べますよ。
ただ見る基準は他にもあるのでご紹介しておきますね。

 

 

保育園の選び方(優先順位 低)

 

個人的に優先順位は下がりますが、選び方は他にもあります。

  • 教育方針
  • 保育時間
  • 慣らし保育の有無
  • 保育士の配置基準
  • 病気のときの対応
  • 建物の清潔感
  • 安全性の考慮
  • 周辺の施設
  • 駐車場、駐輪場の有無
  • 送迎の有無

 

ざっと並べただけでもこんなにあるんですよね。

 

全てが100点の保育園はほぼ存在しないので、家からの距離と保育士さんの質を確保しつつなるべくいい条件を選択するべき。

 

 

中でも大事だと思うのは、以下2つ。

  • 保育時間
  • 病気のときの対応

 

簡単に触れておきますね。



保育時間

 

よくよく見ると保育時間(見てもらえる時間)が極端に短いところがあったりします。

 

みなさんの仕事次第ですが、そもそも見合わない保育園は選択肢から除外

 

 

病気のときの対応

 

病気のときの対応も非常に大事だと思っていましたが、異変があったらすぐに親に電話する保育園がほとんど

 

こればかりは仕方ないですね。パパ・ママのどちらかが迎えにいくしかなさそう

 

 

保育園の選び方についてお話してきましたが、どのように決まるかも知っておくべきですよ。

 

 

保育園の決まり方

 

自治体によって微妙に異なりますが、基本は点数での選考です。
ざくっと言うとこんな感じ。

  • 子供を家庭で保育できない理由
  • その他の細かい事情

 

これで点数が付けられます。
詳しくは各々の自治体で確認してもらう必要がありますが、評価されるのは親のほうです。



行きたい保育園に行けなかった場合

 

これは完全に僕個人の意見ですが、
②保育士さんの質の要件が満たせないなら入園をやめるべきです。

 

仕事の事情もあるかと思いますが、それ以上に子供が大事

 

 

さいごに

 

まとめますと、

 

保育園の選び方のポイントは以下2つ

  1. 家からの距離
  2. 保育士さんの質

 

ポイントを絞って保育園を選べば失敗することはありません。子供のために親ができることをしっかりやっていきたいですね。

 

以上、「保育園の選び方【ポイントは距離と質の2つだけ】」でした。

 

またね。