社会人の長期休暇の過ごし方【未来は自分で切り開く】

  • 長期休暇が嫌い
  • 長期休暇の過ごし方が分からない
  • 未来を切り開きたい

 

このような社会人の方にぜひ読んでいただきたい記事を用意しました。

 

当記事では、社会人の長期休暇の過ごし方【未来は自分で切り開く】というテーマでお伝えしていきます。
これを読み終わると、長期休暇の過ごし方の具体的なイメージがわきますので、ぜひご覧くださいね。

 

 

社会人の長期休暇の過ごし方

 

長期休暇の過ごし方は知っておくべきですよ。

 

なぜなら、知らないと自分の未来がジリ貧になるからです。



一般的な社会人の長期休暇

 

一般的な社会人の長期休暇はこんな感じですよね。

  • GW(5月)
  • お盆(8月)
  • 年末年始(12~1月)

 

1年に3回。また1回の休みは、長くて10日。
ですから最長30日くらいですかね。

 

みなさんが自分に与えられている日数は知っておくべきですよ。

 

 

一般的な社会人の過ごし方

 

みなさんこんな過ごし方をしていませんか?

  • だらだら、寝て過ごす
  • 嫌々、家族サービスをする
  • 惰性で、実家に行く・子供を連れていく

 

たいていの人がこんな感じだと思います。
確かに、寝たいし、家族サービスは必要だし、実家に行くのも大事ですよね。

 

ただ知っておいてほしいのは、「だらだら」・「嫌々」・「惰性で」という思考だと未来はジリ貧です。

 

これを読んでくれた方にはジリ貧の未来を歩んでほしくありません
なので、社会人の長期休暇の過ごし方【未来は自分で切り開く】について深堀りしていきますね。

 

 

社会人の長期休暇の過ごし方【未来は自分で切り開く】

 

未来を自分で切り開くための過ごし方で意識してほしいことは以下4つ

  1. メリハリをつけた生活をする
  2. ストレスは完全にゼロに戻す
  3. 休暇後の働き方を考える
  4. スキルアップをする

 

詳しく説明していきますね。



①メリハリをつけた生活をする

 

休みだからといって全て自由時間になる方ばかりではないですよね。
先ほども書いたとおり、家族サービスや実家に行ったりなど各々事情があるでしょう。

 

メリハリをつけるには、以下を意識してみてください。

  • 自由でない時間は割り切って楽しむ
  • 自由な時間がどこで生まれるかを把握する
  • 自由になったら自分の未来のための行動をする

 

休みだからこそ、メリハリを意識しないとあっという間に終わってしまいますよ。
自分の未来のための行動については③・④で触れていきますね。

 

 

②ストレスは完全にゼロに戻す

 

日頃の仕事でストレスがたまりますよね。
長期休暇を楽しみ、未来を切り開くためには長期休暇のタイミングでストレスをゼロに戻すことが必須

 

ストレスをゼロに戻すための考え方は以下。

  • 早く寝て早く起きる
  • 起こること全てを楽しむ
  • 仕事のことは1秒も考えない

 

普段ストレスをゼロにすることはかなり難しいですが、休暇中にストレスをゼロに戻すのはわりと簡単

 

 

③休暇後の働き方を考える

 

先ほど仕事のことは1秒も考えないとお伝えしましたよね。
それは休み前に残した仕事や休み明けにやらないといけない仕事のことは1秒も考えないという意味。

 

ここでは、自分がどういう働き方をしたいかについて考えておくべきということをお伝えしていきますね。

 

具体的には以下のイメージ。

  • 毎日定時で帰り、自分のしたいことをしたい
  • 自分の好きなことを仕事にしたいな
  • 組織の下ではなく自分の力で仕事をしていきたい

 

このように自分が理想とする働き方を考えておくと、未来はそれに徐々に近づいていきます。
もちろん考えただけでは実現はしませんが、考えることが未来への第一歩になりますよ。これは断言します。

 

 

④スキルアップをする

 

これをできる人はなかなかいませんが、逆にできる人は伸びますね。
僕のまわりにもスキルアップを常に意識している人がたくさんいますが、ぐんぐん伸びていますよ。

 

スキルアップの例は以下。

  • プログラミング
  • 動画編集
  • ライティング
  • 投資
  • 節約

 

など。
もちろんこれだけではないですが、固定費を下げつつ収入を増やすスキルになりますよ。

 

 

さいごに

 

まとめますと、

 

社会人の長期休暇の過ごし方で意識したいことは4つ

 

  1. メリハリをつけた生活をする
  2. ストレスは完全にゼロに戻す
  3. 休暇後の働き方を考える
  4. スキルアップをする

 

「だらだら」・「嫌々」・「惰性で」という思考は止めたほうがいいですよ。
どんどん行動して、自分の未来を自分で切り開いていきましょう。

 

以上、「社会人の長期休暇の過ごし方【未来は自分で切り開く】」でした。

 

またね。