上司が嫌いすぎてストレスがたまるときの対応【結論:うまく無視する】 | hayablog  
動画を無料で見たい方はこちらをどうぞ

上司が嫌いすぎてストレスがたまるときの対応【結論:うまく無視する】

  • 言うことがコロコロ変わる
  • 仕事をたくさん振ってくる
  • 正直、あまり好きじゃない

 

このような上司に悩んでいる方向けにぜひ読んでいただきたい記事を用意しました。

 

当記事では、上司が嫌いすぎてストレスがたまるときの対応【結論:うまく無視する】というテーマでお伝えしていきます。
これを読み終えると、上司に悩むことがバカらしくなりますのでぜひご覧くださいね。



上司が嫌いすぎてストレスがたまる

 

ぶっちゃけですが、好きな上司なんていなくないですかね。

 

 

上司の役割

 

上司の役割を考えれば自ずと嫌いになる理由が見えてきたりしますよ。上司の役割は以下のとおり。

  • 会社の方針どおり部下に仕事をさせる
  • 上層部の言うことを部下に仕事をさせる
  • いろんな考えを持つ部下に仕事をさせる

 

上司の本音とは無関係に、上記のように人を動かすことを求められます。
逆の立場だったらどうですかね。

 

 

逆の立場で考えてみる

 

少し冷静に、上司の立ち場になって考えてみませんか。
自分が上司だったら、部下にどうやって仕事をさせるのかを考えると意外と難しかったりします。

 

どんなに丁寧に、やさしく、相手の立場にたったとしても好かれる気はしないですよね。
仕事をお願いしている以上、相手が少し不快に感じるのはしょうがないことかも。

 

 

嫌いになるのは当たり前

 

これまで説明したとおりで、嫌いになるのは当たり前だと思うことがまず第一歩ですよ。

 

変に理想を抱くと、実際とのギャップに苦しむことになります。自分だけが苦しんでも意味ないですよね。本当に意味がないんです。

 

 

それでもどうしてもストレスがたまるという方はいると思いますので、上司が嫌いすぎてストレスがたまるときの対応についても詳しく説明していきますね。



上司が嫌いすぎてストレスがたまるときの対応【結論:うまく無視する】

 

結論から言いますが、うまく無視するしかないですよ。

 

 

うまく無視する

 

無視なんてできないですよ!と言いたくなるかもしれませんね。

 

ですが、話かけられても「聞くな!」とか「応じるな!」と言う意味ではありませんよ。「うまく」というところがポイント。



うまく無視する方法

 

うまく無視する方法は以下のとおり。

  1. とにかく後回しにする
  2. 忙しさをアピールする
  3. やらない理由を用意する

 

少し言葉が足りないと思うので、捕捉していきますね。

 

 

①とにかく後回しにする

 

振られた仕事を、とにかく後回しにしてみましょう。

 

上司はその時の気分で指示はするものの、明日になったら忘れているなんてことよくあります。
覚えていたとしても、まだできてないですーと、時間を稼いでみましょう。

 

ほんとに必要なことであれば、頻度よくフォローされるはず。されなければバッサリ忘れましょう。

 

 

②忙しさをアピール

 

①と少し似ていますが、自分が忙しいことをアピールするのもアリです。

 

上司も自分には言いやすいからという理由だけで、仕事を振ってきていたりします。

 

断るキャラを少しづつ構築していくことが、仕事の負荷を下げ、ストレス軽減につながったりしますよ。

 

 

③やらない理由を用意する

 

ここからは少し戦略が必要。

  • やりたくない → やらない ×
  • やらない理由がある → やらない

 

上記のとおりで、やりたくないからやらないは社会人としてNG。上司の機嫌を損ねて、より仕事を押し付けられる可能性もあります。
その一方で、やらない理由を用意できれば上司が納得することもありますよ。

 

 

やらない理由

 

やらない理由の例をあげるとこんな感じ。

  • 顧客の考えを先読みし、別のアクションをとる
  • 上司より上の人の考えを取り入れ、別のアクションをとる
  • チーム全体を見て、負荷が高い人の協力をする

 

上司の一歩先をいく行動がとれれば、言い返されることも減ってきますよ。この行動をとれれば仕事ができる人にすらなれますね。

 

 

それでもストレスがたまる場合は

 

それでもストレスがたまる場合は、環境を変えてみるしかないですね。環境の変え方は以下のとおり。

  • 上司が異動する
  • 自分が異動する
  • 自分が昇進する
  • 転職をする

環境って思いのほか大事なので、環境を変える努力も時には必要だったりします。上司との面談などをうまく利用して異動してしまうのが一番早かったりしますよね。

 

転職したいけど、上司に言いにくいという方はこの記事も参考にしてみてください。

 

 



さいごに

 

まとめますと、

  • 上司を嫌いになるのはわりと当たり前
  • 上司が嫌いすぎてストレスがたまるときの対応:うまく無視する
  • うまく無視する方法は以下のとおり
  1. とにかく後回しにする
  2. 忙しさをアピールする
  3. やらない理由を用意する

 

上司には期待しすぎずに、逆にこちらがコントロールするぐらいの気持ちで臨むのがいいですよ。
うまく無視して、ストレスをためずに働けるようにしていきましょうね。どうしても無理な場合は環境を変えることも考えてみてください。

 

以上、「上司が嫌いすぎてストレスがたまるときの対応【結論:うまく無視する】」でした。

 

またね。