会社の飲み会に行きたくないときの対処法【時間に見合う報酬次第】 | hayablog  
動画を無料で見たい方はこちらをどうぞ

会社の飲み会に行きたくないときの対処法【時間に見合う報酬次第】

 

  • 会社の飲み会がよくある
  • なんとなく行きたくない
  • 時間に見合う報酬を考えたことがない

 

このような社会人の方向けにぜひ読んでいただきたい記事を用意しました。

 

当記事では、会社の飲み会に行きたくないときの対処法【時間に見合う報酬次第】というテーマでお伝えしていきます。
これを読み終えると、飲み会に対する考え方が決まるのでぜひご覧くださいね。



会社の飲み会に行きたくないときの対処法【時間に見合う報酬次第】

 

会社の飲み会に行きたくないときってありますよね。それでも行くかどうかを迷ってしまう方は、おそらく行くかどうかの基準がボヤっとしているからかと。

 

結論を言うと、行くかどうかは「時間に見合う報酬次第」で決めるべきです。

 

 

時間に見合う報酬

 

飲み会ってたいていの場合、2時間くらいですよね。時間に見合う報酬を例にあげると以下のとおり。

  • 2時間で、尊敬する先輩の話のみ聞く
  • 2時間で、顧客との信頼を形成する
  • 2時間で、お金を出さずに旨いものを食べる

 

上記はあくまで一部ですが、時間に見合う報酬があれば飲み会に行くのは全然アリですよ。

 

 

時間に見合う報酬がない

 

時間に見合う報酬がない場合は以下のとおり。

  • 誘われたから、とりあえず参加
  • 当たり障りなく2時間過ごす
  • 特に尊敬してない上司や部下と会話する
  • 上記の環境でしっかりお金を払って帰る

 

これって冷静に考えると誰得ですかね。時間に見合う報酬がない場合は飲み会に行く意味はほぼないですよ。

 

 

時間に見合う報酬がない場合の対処法

 

時間に見合う報酬がない場合は、飲み会を断るだけですね。

 

このように「飲み会に行くかどうかの基準」を決めておくと、行動に迷いが生じにくくなりますよ。

  • 時間に見合う報酬がある → 飲み会に行く
  • 時間に見合う報酬がない → 飲み会に行かない

 

それでは、飲み会に行かないと決めた場合の断り方についても説明していきますね。

 

 

飲み会の断り方

 

飲み会に行くかどうかの迷いは生じなくなっても、飲み会を断るのが難しいという方もいると思います。

 

こちらも結論を言うと、自分の状況を利用すればOKですよ。ちなみに僕の場合は、

  • 子供のお世話
  • 他の飲み会とバッティング
  • 家族の体調不良

 

上記の3つで僕は乗り切っています。相手がつけいるスキがないので、断れなかったことはないですね。
独身時代も経験済みですが、「習い事」・「他の飲み会とバッティング」・「飲み会に行かないキャラ」これで乗り切れましたよ。

 

 

飲み会を断ったことによる影響

 

過去の時代は影響あったかも。

  • 付き合いが悪く、昇進に響く
  • 断ったが故に余計に誘われる
  • シンプルに距離をとられる

 

上記のとおり付き合いが大事な時代もありましたが、現代では特に影響ないですよ。
過剰に意識してしまう場合がほとんどですし、もし実際に影響を感じたらそこはブラック企業の可能性が高いかも。

 

 

ここからは飲み会の場において、「自分で」時間に見合う報酬をつくりだす方法についても説明していきますね。



「自分で」時間に見合う報酬をつくりだす

 

「自分で」時間に見合う報酬をつくりだすのは全然難しくないですよ。

 

 

「自分で」時間に見合う報酬をつくりだす方法

 

飲み会の場での例ですが、「自分で」時間に見合う報酬をつくりだす方法はこのような感じ。

  • 2時間で、自分の考えを人前で話し反応を見る
  • 2時間で、会話のネタを切らさないか試してみる
  • 2時間で、人のクセや会話の仕方を盗んでみる
  • 2時間で、話のネタをストックし、記事を書いてみる

 

上記のとおりで、自分なりに小さな挑戦をしてみる、ということ。1人家で悶々と考えているより前進できることもあったりしますよ。

 

 

自分なりの小さな挑戦

 

少し話を変えてすみませんが、成功している人は必ず小さな挑戦をしています。ですが大半の人は、「挑戦する前に、諦める」という状況。

 

会社の飲み会すら、小さな挑戦をする場と設定できる人は伸びる予感です。

 

 

小さな挑戦をしないと

 

小さな挑戦をしないと、現状を変えることはできませんよね。悲しい事実ですが、現状を変えるどころか現状維持すら難しくなります。

 

理由はシンプルでまわりは変化していくから。なので、もし飲み会に行くと決めたら小さな挑戦をやってみるべきですよ。



さいごに

 

まとめますと、

  • 会社の飲み会に行きたくないときの対処法 → 時間に見合う報酬次第で決めるべき
  • 飲み会に行かない場合の断り方 → 自分の状況を利用する
  • 「自分で」時間に見合う報酬をつくりだす方法 → 小さな挑戦をしてみる
  • 小さな挑戦をしないと → 現状維持すら難しくなりますよ

 

会社の飲み会に対する考え方を決めておくと、行動に迷いが生じにくくなります。
安易に「会社の飲み会は必ず行く」・「会社の飲み会は絶対行かない」と決めるのではなく、飲み会の場を有効に活用できるかを1度考えてみてはどうでしょう。

 

以上、「会社の飲み会に行きたくないときの対処法【時間に見合う報酬次第】」でした。

 

またね。