映画を無料で見たい方はコチラ

【ストレス解消】TOEIC600点で仕事のレベルがアップした話

TOEICの勉強をしようかなと思っている方向け。

当記事では、TOEIC600点で仕事のレベルがアップし、ストレス解消につながった話についてまとめております。
ぜひご覧ください。

 

TOEICと仕事の関係

 

 

TOEICと仕事の関係は、密接ではないけど確実にありますよね。
具体的に言うと、採用・昇進時に必要になったりします。



採用・昇進に求められるTOEICの点数

 

日本では採用・昇進の際にTOEICを必要とする企業は実はたくさんあります。
TOEICの点数毎にご紹介していきます。

 

600点以上を求める企業

 

採用基準

・出光興産
・王子製紙
・大正製薬

昇格基準

・楽天
・住友林業
・NEC
・三井物産
・富士通
・丸紅
・日立製作所
・日本ビクター
・マツダ
・トヨタ自動車
・日本IBM
・富士通
・住友商事
・大和ハウス工業
・ニトリホールディングス

 

1度は聞いたことのある企業ばかりですよね。
600点を1つの基準としていることがよく分かると思います。

 

600~730点を求める企業

 

採用基準

・ソフトバンク
・武田製薬
・NTT東日本
・ファーストリテイリング
・三菱電機
・ヤマト運輸
・ブリジストン
・東京電力
・三菱自動車
・アサヒビール

昇格基準

・双日
・丸紅
・京葉銀行
・日本IBM
・住友商事
・伊藤忠商事
・シャープ
・ファーストリテイリング
・キリンビール
・楽天
・日立製作所
・双日
・ソニー
・ブリジストン

 

海外にビジネス展開している企業が並んでいますね。
海外で働くことを目線に置いたときに730点というのが1つの基準となりそうです。

 

800点以上を求める企業

 

採用基準

・サムスン
・パナソニック
・野村ホールディングス
・NTTコミュニケーションズ
・LG
・住友不動産
・野村不動産

昇格基準

・サムスン(920点以上)
・京葉銀行
・日立製作所(経営幹部)
・三井住友
・KDDI
・サイバーエージェント
・三井物産
・三菱商事
・楽天

 

外資系の企業が入ってきましたね。

中でもサムスンは、新卒で入社する社員に900点を課しており、
既存社員全員にTOEICスコア800点をノルマとしていたりします。

 

600点が求められる世の中です

 

上を見たらきりがないですが、
少なくとも600点以上が求められている傾向があることは分かったかと思います。

 

日本の平均スコア知ってますか

 

TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が、
世界中の受験者スコアと受験者が回答したアンケート結果を発表しています。
期間は、2018年(1月~12月)の1年間。

 

TOEICを受けたことがある人なら分かると思いますが、
試験開始前に書かされる試験用紙の表面のアンケートのことです。

 

あのアンケートを世界中で集約しているので、結構信頼性は高いと思っています。



結論を言うと、520点です

 

下記にリンクを貼っておきます。
世界の受験者スコアとアンケート結果

 

600点が求められている中で、520点しかないというのが現実です。

 

TOEIC600点で仕事のレベルがアップした話

 

ここで少し僕の話をします。

 

僕は、採用にはTOEICは必要なく、昇格には400後半あればいいという企業に勤めています。

 

そのような企業にいても600点を取ると、景色が変わりはじめたのでお伝えしておきたいなと。

 

 

僕は1年間で、395→800点にスコアアップさせたのですが、
600点をこえてから、少し仕事のレベルがアップしました。

 

600点を取って、変わったことは以下3つです。

  1. 見られ方が明らかに変化
  2. 頼まれる仕事も変化

 

説明していきます。



1.見られた方が明らかに変化

 

結論を言うと、あいつ英語できるらしいよ、という会話をよく聞くようになりました。

 

周りはTOEICの点数が高いほうがいいと分かりながらも、勉強していない人たちばかり。
少し点数をとるだけで、勝手に噂がひろまってくれます。

 

「何かができる人」と周りが認識すると、自分に対する対応が変わってきます。
これだけでもだいぶ仕事のレベルがアップします。

 

2.頼まれる仕事も変化

 

具体的には、以下2つです。

 

  • 既にできあがった資料に英訳を追記する
  • 英語がほぼ不要な海外出張メンバーに選ばれる

 

詳しく説明していきます。

 

既にできあがった資料に英訳を追記する

 

想像してもらえば分かると思いますが、難しくて時間がかかるのは資料をつくることです。

 

ですが、頼まれるのは既にできあがった資料に英訳を追記するだけの超簡単なもの

 

英訳を追記するって難しいでしょ、と思うかもしれないですが、
基本Google翻訳機能を使うだけです。

 

TOEICの勉強をしていない人と600点をとった人では、英語力はそんなに変わらないのが現実。
翻訳機能を使わないと正直訳すことは難しいです。。。

 

それなのに、
あいつ英語ができるという噂だけで、レベルが高く、その人にしか言えない仕事を頼まれたりします

 

英語がほぼ不要な海外出張メンバーに選ばれる

 

特に大企業で働いていると、さまざまな国への出張があります。
基本は英語ですが、英語だけでは通用しない国もありますよね。

 

なので、会話がスムーズにできるように、現地の言葉と日本語の両方できる人が準備されたりします。
これを聞けばわかると思いますが、自分が英語できなくても正直なんとかなるんですよ。

 

それなのにTOEICの点数を少しあげただけで、英語が不要な海外出張の機会を得られるってあついですよね。

 

個人的にはこれが一番ストレス解消になりました。

 

さいごに

 

簡単にまとめると、

  • 日本の企業はTOEIC600点以上を求めている
  • 現状は日本のTOEIC平均は520点
  • TOEIC600点をとれば仕事のレベルがアップする事例もあります
  • 仕事が変わればストレスも解消します

 

TOEIC600点は正直そんなに難しくないので、勉強しておきましょう。

 

TOEIC600に特化した勉強法についてのリンクを貼っておきます。
【おすすめの参考書1冊】3ヶ月以内に600点を越え、TOEICからさよならする方法

 

以上、「【ストレス解消】TOEIC600点で仕事のレベルがアップした話」でした。

TOEICについて網羅的に知りたい方はこちらの記事もどうぞ。